現在楽天モバイルで利用可能なキャンペーン一覧~出戻りもポイント貰える三木谷社長特別オファーも

2024年春、楽天モバイルがおすすめの理由 格安SIM
この記事は約14分で読めます。
Sponsered Link

Sponsered Link

良きにつけ悪しきにつけ、何かと話題の多い楽天モバイルですが、2024年春を迎える今だから「そろそろ楽天モバイルでいいんじゃない?」と言える要素が出揃ってきました。

いま楽天モバイルがおすすめと言える3つの理由と、現在利用可能なお得なキャンペーンを紹介します(キャンペーン情報は随時更新)。

KAZ
KAZ

自分はこれで4回目の楽天モバイルとの契約になります。期待しては裏切られ、納得がゆかずに「契約・解約」を繰り返してきましたが、2024年春、ここへきて「今度こそイケるのでは?」と思わせる要素が出揃ってきたと感じます。

合わせて、高額ポイントが還元されるお得なキャンペーンも紹介します。

『繋がってしまえば速い!』というのは最早定説のようになっていますが、圏外の場所が多いという話しも未だに多いので、内心『楽天モバイルってまだダメなのかなあ』と気になっている方も多いと思います。

そこで今回、筆者は満を持して4回目の契約をして実際に自分自身で使ってみた上で「GO!」なのか、まだ「NG」なのかを判断してみようと思います。

※本稿はアフィリエイト広告を導入しています
Sponsered Link

楽天モバイルの最強プランをおさらい

まずは、料金プランをはじめとして楽天モバイルがどんなサービスを提供しているのかをチェックしておきましょう。

楽天モバイルは、三木谷浩史氏率いる楽天グループのモバイル通信キャリアで、docomo・au・Softbankに次ぐ第4のキャリアとして誕生しました。

はじめはエリアの狭さや建物内などでの通信に弱く苦戦しましたが、ここへきて徐々に契約者数を伸ばし、2023年12月26日には600万回線に達しました。また三木谷氏によれば解約率も低下してきており状況は改善されつつあるとのことです。
→ 「三木谷氏が語る「2024年の楽天モバイル

ヒント
ヒント

法人契約が増加して解約率が下がっているそうな。法人契約では通信量をケチるわけにはゆかないので、データ上限がなく料金は3,278円固定の楽天モバイルは法人にはありがたいプラン。auローミングでカバー率99.9%になったこともあって法人契約が増加しているんだとか。なるほど。

料金プランは従量課金制「最強プラン」1プラン

画像出典:network.mobile.rakuten.co.jp

通常、通信会社は複数の料金プランを用意していることがほとんどですが、楽天モバイルは「最強プラン」1プランのみの提供です。

1つのプランの中で、月ごとに使用したデータ通信量によって3段階に料金が変化する仕組みで、自分が使った分だけ支払う「従量課金制」です。

  • 月間0~3GB … 1,078円(税込)
  • 月間3GB超~20GB … 2,178円(税込)
  • 月間20GB超~無制限 … 3,278円(税込)

この3段階の中で自分が使ったデータ容量が含まれる段階の料金が請求されます。

楽天モバイルahamoLINEMOPovo2.0
3GB1,078円2,970円990円990円
5GB2,178円2,728円
10GB
20GB2,700円
20GB超3,278円
30GB3,480円
40GB3,800円
100GB4,950円

他キャリアの格安プランと容量ごとに比較すると、3GBでは楽天モバイルが88円割高ですが、5GB以上になるとすべての容量帯で楽天モバイルが最安となります。

家族割引制度導入で1回線あたり-110円

画像出典:network.mobile.rakuten.co.jp

さらに最近導入した「家族割引」を適用した場合には、さらに110円が割引となります。元々安い料金設定なので大幅な割引はありませんが、そうでなくても安い楽天モバイルの料金がさらに割安になるのは有難いです。

Rakuten Linkアプリで通話がかけ放題無料

画像出典:network.mobile.rakuten.co.jp

「Rakuten Link」という楽天モバイル独自の通話アプリを使用することで、国内の固定電話・スマホへの通話やメッセージ送信が無料で利用できます。

また海外との通話も、海外のRakuten Linkどうしなら国際通話も無料ですし、SMS機能でRakuten Linkどうしならメッセージを無料でやり取りできま、最大100人までのグループSMSも無料です。

Rakuten Linkとは?

「Rakuten Link」は楽天モバイル独自の通話・コミュニケーションアプリで、国内通話は固定委電話・携帯電話問わず無料かけ放題となり、アプリどうしのメッセージ送受信も無料で利用可能です。そのほかにも色々な機能がありますがどれも基本無料で利用できます。

電話をかけられるので「IP電話」と間違われやすいですが、「RCS」を利用した新技術です。ただし、通常の通話専用の電話アプリと比べると、データ通信を利用するのでデータ通信品質によって通話品質が大きく左右されるため、仕事や大事な要件に使用するには向かないかもしれません。プライベートな通話には十分な品質で、無料かけ放題で使えるのは大きなメリットです。

KAZ
KAZ

こうして料金プランをあらためて見てみると、確かに「最強」なんですよね。それに「楽天モバイルは繋がってしまえば速い」というのは定説になっています。だけど問題は「繋がるか・繋がらないか」なんですよね^^;そこが改善されたかが一番重要なんですよね。

楽天モバイルの決定的な弱点とは

もともと楽天モバイルは、いくつものメリットを持って誕生しました。

  • 料金が安い
    データ通信無制限3,278円(税込)は国内最安
  • 料金がわかりやすい
    シンプルな従量課金制「最強プラン」ワンプラン
  • 余計な手数料がない
    初期費用やSIM発行手数料など余計な手数料を廃止
  • 楽天経済圏との連携
    楽天サービスをよく利用する人ほどポイントが貯まりやすい

しかし、こうしたメリットを一気に消し去ってしまう決定的な「マイナス要素」を併せ持っていました。

それは『通信エリアの狭さ』です。

後発なので、はじめから先発のdocomoやau・Softbankと同等でないのは致し方ありませんが、エリアマップではサービス圏内であっても、場所によっては圏外になることが多く、通信の厚みがないと良く揶揄されたものでした。

エリアの狭さは「繋がらない」「圏外になる」「切れてしまう」というユーザー評価に繋がり、皆さんがご存じの通りの「安いけど繋がらない楽天モバイル」の評価が固定化してしまいました。

ではなぜ、楽天モバイルはエリアが狭い上に、エリア内でも繋がらないといった評価になってしまうのか…というと、「プラチナバンドの割り当てがないから」なんです。

電波は周波数が高いと直進性が強いが通信速度は速い

電波というものは、周波数が高いと高速通信が可能な反面、直進性が強くなって「陰に回り込む」ことが苦手になります。逆に周波数が低い電波は、通信速度はそれほどでもない代わりに「陰に回り込む」ことが得意で、ビルの陰や山の裏手、地下街などでも広い範囲に電波が届きやすいのが特徴です。

一般に「プラチナバンド」と呼ばれるのは、700~900MHzの低い周波数帯の電波で、先行するdocomo・au・Softbankはプラチナバンドを国から割り当てられていますが、新参者の楽天モバイルが自由に使える「空き」のプラチナバンドが存在せず、プラチナバンドなしでサービスを開始したのです。

結果、楽天モバイルはプラチナバンドを持たないため、ビルの陰や地下街、山の裏側などに回り込みにくい高周波数帯の電波しか使えないわけです。真っすぐにしか飛ばない電波で「通信エリア」という『面』を作ると、どうしても「隙間」「穴」が空いてしまいます。

この「隙間」や「穴」に入ってしまうと、通信エリア内なのに「繋がらない」「圏外になる」ということになってしまうわけです。

つまり楽天モバイルがエリア内なのに「繋がらない」「圏外になる」原因は、プラチナバンドが使えなかったから…と言えます。

ただ逆に言えば、楽手モバイルが使っている電波は「速い」電波ばかりです。なので『繋がれば速い』ということになるわけです。

そろそろ楽天モバイルでいいんじゃない?という理由3選

そんな状況で、なかなか「繋がらない」という評価を覆せないで来た楽天モバイルですが、2024年春の現時点では「もうそろそろ楽天モバイルでいいかも」と思わせる要因がいくつも見え始めています。

理由① au800MHzローミングで人口カバー率99.9%に拡大

画像出典:network.mobile.rakuten.co.jp

前述のとおり、通信エリア内の穴をうめるためには、回り込みが得意な「プラチナバンド」が必要ですが、楽天モバイルはauに「800MHz帯」というプラチナバンドを借り受ける形で、「隙間」や「穴」を埋めることに成功し、さらに先行して日本全国に張り巡らされているau通信網の「広さ」をそのまま借り受けた形になっています。

そのため、一気に「人口カバー率」が99.9%にまで跳ね上がり、地方のあまり人口が多くない地域でも楽天モバイルを使用できるようになりました。

さらに重要なのは、大都市圏でのビル陰や地下街などへの電波の浸透も促進され、「隙間」や「穴」が減少したことで、「繋がらない」「圏外になる」場所が大幅に減少したことが『auローミング』の最大のメリットです。

KAZ
KAZ

auとのローミングで人口カバー率99.9%を達成したのは2023年6月のことでしたが、99.39%を達成済みなことがここへきて効いてきており、他の要因と合わせていよいよ「楽天モバイルでいいんじゃない?」になってきたと言えます。

とはいえ、auの800MHz帯をローミングしたからauと同等のエリアになったわけではありません。

画像のような場所がまだ残っているのも事実です。

Povoはau自身が運営する格安プランなので、au通信網をフルに利用していますが、この画像をスクショした場所は800MHz帯の基地局がないんでしょうね。auはアンテナがフルに立っているのに楽天では1本です。

つまり、楽天モバイルのエリアは急速に拡大し、穴埋めが行われているのも事実だが、800MHz帯の基地局がない場所では未だにこういう場所も残っている…というのが現実です(2024年3月26日現在の撮影です)。

理由② プラチナバンドの割り当てが決定!

先に、楽天モバイルが「繋がらない」と言われる最大の理由はプラチナバンドを持っていないからだ…と書きましたが、2023年10月にはその「プラチナバンド」の割り当てが決定しました。

真っすぐにしか飛ばない高周波数帯域の電波しか使えずに、エリア構築に苦労してきた楽天モバイルがついに自前の「プラチナバンド」を割り当てて貰えることになったわけです。これは大きいです。

割り当てを検討する総務省に提出した開設計画では、サービス開始は2026年3月でしたが、先日の「楽天新春カンファレンス2024」で三木谷氏が語ったところでは、プラチナバンドによるサービス提供は2024年5月に開始し、以降順次拡大してゆくとのことで、さらに「隙間」「穴」がふさがってエリアが密になることが期待できる状況になってきました。

KAZ
KAZ

プラチナバンドはすでにauから借りているのだから、これ以上は必要ないでしょ?と思われるかもしれませんが、auから800MHz帯を借りるには相応の「賃料」が発生します。自前のプラチナバンドに置き換えられればそれだけコストが減って収益構造が改善します。また、。新プラチナバンドに期待するユーザーを集めることにもつながるはずなので、巨額赤字を少しは減らせるかもしれません。

理由③ SPU+4倍、基本還元合わせて常時+5倍

2023年12月に、楽天市場の「SPU」が大幅な改定を受けましたが、その目玉が、楽天モバイル契約者のSPUが常時+4倍になったことです。楽天会員の基本還元1%と合わせると、楽天モバイルユーザーは楽天市場での買い物の際に必ずSPU5倍の還元が受けられることになります。

12月のSPU改訂を「改悪だ」という声もありますが、筆者的には、一部のヘビーユーザーが最も得をするような仕組みから、一般的なユーザーが最もポイントを得られる仕組みに変わったという印象で「改悪」だという意識はあまりありません。

逆に、いまこのタイミングで「楽天モバイルどうしよう」と悩んでいる人がもし楽天経済圏を利用する機会があるのであれば、かなり強い「後押し」となるように思います。

楽天モバイルは3GB以下なら月額1,078円で利用可能です。

SPU5倍で21,560円の買い物をした場合に得られるポイントは1,078円です。つまり楽天市場で月間21,560円の買い物をする人は、楽天モバイルの基本料金が実質無料になる…ということです。

支払いを楽天カードで決済した場合には、通常分と特典分の+2倍を加えると+7倍となり、月間15,400円の買い物で基本料金をペイすることになります。これは「後押し」としては大きいのではないでしょうか。

KAZ
KAZ

スマホの基本料を無料にできたらいいのに…と考えている人は少なくありません。楽天市場での買い物でポイントを楽天モバイルの基本料金に充当すれば、基本料金を減額あるいはまったく無料にすることも可能です。

現在利用可能な楽天モバイルのキャンペーン

2024年4月現在で利用可能な楽天モバイルのキャンペーンを紹介します。

楽天カード加入者限定!楽天モバイルで最大3万ポイント!

3/22『楽天カード会員様限定 楽天モバイル初めてお申し込みで20,000ポイントプレゼント』が開始になりました。

楽天カード会員限定のキャンペーンで、楽天モバイルに初めて申しこむと最大20,000ポイントが付与されるという大型キャンペーンです。

※楽天モバイルが初めてじゃない方は次項の特別オファーを利用してください。

楽天カードを持ってないから対象外だ…

心配ご無用!

実は、キャンペーン期間が長い上に、クレカとしては非常に審査~発行までが早いので、楽天カードを作ってから楽天モバイルに申し込んでも充分間に合ってしまいます。

楽天カードを持っていない方もこの機会に発行して、ダブルで特典をゲットしましょう(▶楽天カードの発行でも10,000P貰えます)。

楽天カードを発行して、楽天モバイルに加入したら、両方で3万ポイントの大盤振る舞いです!

三木谷社長の特別オファーなら「出戻り」でも最大14,000P貰える!

もう一度「楽天モバイル」を再契約したいけど、ポイント還元の対象じゃないのよね~

と再契約をためらっているアナタに朗報です。

楽天モバイルは社員の紹介で契約する場合、出戻りでもポイント還元の対象なんですが、実は三木谷社長じきじきの紹介で再加入することができるんです!↑の画像のようにMNPで14,000P、MNP以外で7,000Pが貰えます(出戻りでも対象です)。

三木谷社長自ら「X」で告知しているので安心して利用できます。三木谷社長紹介1件につき、10,000円の寄付をしてくれるそうなので支援の意味でも積極的に利用したいオファーです。

※この他にもキャンペーンを実施中ですが、最もお得になるキャンペーンを掲載しています。

要注意!使う意思がない場合は解約金も

2024年春、いよいよ楽天モバイルに乗り換える時機到来か…ということとで書いてきましたが、当然、筆者もさきほど手続きを完了して、SIM待ちです(PovoがeSIMなので物理SIMをオーダー)。

通信速度を含め、実際の使い勝手などはまた別途レポートしてゆきますが、「それなら自分も…」と言う方に1点だけ注意してほしいのは、「解約金」が課される可能性が出てきた点です。

あくまでも『使う意思がない場合』という注釈付きですが、今までのように使ってみてダメなら解約…という気軽な使い方はちょっと難しくなったかもしれません。

解約金を科す基準のようなものは公表されておらず、あくまで「当社の判断」ということなので、あまりに酷いやり方でなければ科されないようにも思いますが、その辺りは従来よりちょっと要注意になりました。

2024年春、そろそろ楽天モバイルでしょ、まとめ

  • au800MHz帯ローミング
  • プラチナバンド割り当て
  • SPU常時4倍

といった要因から、そろそろ楽天モバイルにしても大丈夫かも?と思えますが、そうはいっても楽天モバイルの前途はまだまだ多難です。

数値上は人口カバー率99.9%を実現したものの、実際の接続ということになれば、たった1つの周波数帯のローミングですべてをカバーできるものではありませんし、そもそも800MHz帯は接続しやすく遠方まで飛ぶという面では優れていますが、通信速度はさほど早くありません。

それに800MHz単独ローミングでは、繁華街や駅周辺など接続数の多い場所では基地局の接続上限を超えてしまって接続できないことだってあり得るはずなので、必ずしも「800MHzローミングが万能」と言う訳ではありません。

また割り当てが決まったプラチナバンドにしても、楽天モバイルの技術陣は初めて取り扱う700~900MHz帯で、従来の1.7GHz帯とは違う部分がいろいろあるはずで、思うようにエリアの厚みを増すことができるかは不明な部分もあると思います。

「そろそろ…」と言っておきながらネガティブなことを言ってますが、通信は「必ずしも」が多い世界ですので、思ったように良化しないかもしれませんが、それでも2024年春は「そろそろ?」と思えるのです。とりあえず試してみます。

それでは今日はこの辺で。

※初めての方はこちら

※出戻りの方はこちら

Sponsered Link

現在実施中のLINEMOのキャンペーン

格安SIM楽天モバイル
この記事を書いたのは…
kazz

当ブログ運営のKAZZです。日ごろは喜田宗彦の筆名でWEBライターをしています。

ライター歴は10年超で専業ライターになって今年で7年目になります。執筆ジャンルは、主にモバイル通信・格安SIM、iPhone等のガジェット関連、モバイルのお得情報とアウトドア、キャンピングカー関連記事で、記事は実体験を中心に、ライターとしての経験や取材で得た知見等を活かした内容を心がけています。

使用スマホは「4s」以来ずっとiPhoneです。SIMは2014年の「Biglobe SIM」を皮切りに15社30プラン超の格安SIMを利用してきました。現在はPovo2.0で月額無料運用中です。「安くて速いSIM探しませんか?」をテーマにおすすめSIMやiPhoneの話題、モバイル関連のお得情報などをお届けします。

喜田宗彦Portfolio
当ブログについて